先月買ったWindowsタブレット、ドスパラのDiginnos Tablet DG-D09IWですが、バッテリーの消耗が激しい上に、スリープから復帰させるとまるでスローモーションのようなもっさり動作になってしまいます。



diginnostab
Windowsを動かすにはギリギリのスペックだから仕方ないのかな、これを買ったのは失敗したなとがっかりしていました。
でも諦めきれず、あれこれセッティングを試してみたところ・・・

スリープ時にWi-Fiを切る設定にしたところ、バッテリーの消費は飛躍的に改善しました。これならAndroidタブレット並といえるくらいです。
スリープ時にもWi-Fiを接続したままにしておくと、復帰時にネットワーク接続が切れる症状に悩まされていましたが、スリープ時にWi-Fiを切る設定にしたらスムーズに再接続するようになり、この悩みも同時に解決してしまいました。

スローモーション状態に関しては、「通知設定」をすべてオフにしてみたら一気に改善しました。
どうもWindowsはOSのチューニングが足りていなくて、デフォルト状態だと実用にならないくらいパフォーマンスが悪化します。ちょっとしたことで劇的に直ってしまったりしますね。

この設定で今のところ全く快適なWindowsタブレットになりました。