2015年の締めに、くそ高えイヤホンを買ってしまいました。

ummvs201512
ユニークメロディーのMAVIS。
Unique Melodyって一昨年くらい前から急に話題になったメーカーで、ハイブリッド型ドライバーのイヤホンに特徴があります。
MAVISは低域にダイナミック型ドライバーを2基、中域にバランスドアーマチュア型ドライバーを1基、高域にバランスドアーマチュア型ドライバーを1基の、3ウェイ・4ドライバー型のイヤホンです。
低域にダイナミック型ドライバーを2基も積んでいるということから、さぞかし重低音をブリブリ効かせたモデルを想像していると、意外にも肩透かしを食らいます。
低音は非常に低いところからズンズン来ますが、ブーミーさは一切なく塊感のある分厚い低音が押し寄せてくる感じです。
それ以上に秀逸なのが中高音。それぞれBAドライバーが一つずつとは思えないくらい、粒立ちの揃ったきめ細かいサウンドが飛び込んできます。重低音に一切潰されない分離の良さが素晴らしいです。
私のリファレンスはゼンハイザーIE800です。ここ1年でものすごく高価なイヤホンがたくさん登場し、機会があるごとに視聴しましたが、IE800以上に好みのイヤホンには出会ったことがありませんでした。片耳に12個ものドライバーを入れたマルチドライバーイヤホンも何度か視聴しましたが、どうしても欲しいというところまではいかなかった。
Unique Melody MAVISは初めてIE800より好きかも?と感じたイヤホンです。そう感じてしまったら手に入れないわけにはいかず、とうとう・・・
両モデルの音を比べてみると、低域はIE800が餅のようだとすればMAVISは極太うどんです。高域はIE800が顔に当たるみぞれのようだとすれば、MAVISはさらさらのパウダースノーです。
MAVISは極上シルクのような音というのが最もふさわしい表現かもしれません。
同時に発売になったUnique Melody MACBETHも好印象でしたが、聴き比べると全域でほんの僅か粒度が荒い感じの音でした。
Unique Melodyのイヤホンでもっとも有名なMAVERICKは、なんというか優等生的な音で普通に感じちゃったんですよね。キラキラ具合はMAVISのほうが一枚上手だった印象です。
Unique Melodyはどのモデルもひたすら澄み切った見通しの良い音が特徴だと思います。不快なこもり感は全くなく、鮮度の高いサウンドは本当に楽しく音楽を聴けます。
100時間ほどエージングを済ませた後のMAVIS、情報量が抜群に多いまま、低く唸る低音から、キーンと伸びた高音まで、一切の破綻がありません。私にとってこれは最高に感動的なイヤホンです。