三陽山長の友二郎さんをおろしました。


image
三陽山長は硬いといわれているようですが、恐れていたほどではありませんでした。
首都圏の電車通勤なので、靴を蹴られたり踏まれたりと、新しい靴を履いたときは悲しい思いをします。今日はなんとか最小被害で会社に到着しました。
三陽山長の銀座店の店員さんが合わせてくれたサイズだと、かなりタイトで履き慣らしで挫折する予感がしました。
自信がないのでハーフサイズ上げたものを買ったのですが、自分なりに正解だと感じてます。
靴廃人の皆様は一般的にギチギチのサイズを選んで苦行の末に靴を足に合わせるんだと思います。
私も以前はそれが正しいと思ってチャレンジしてきましたが、そうした靴は結局最後までどこかしら痛くて、今では捨てたり売却したり靴箱の肥やしになったりと、出番はないです。
なのでフィッティングは無理しないで、きつ過ぎず緩すぎないある程度楽なサイズを選ぶことにしてます。
ただ、本格革靴は履いていると中底が沈んで多少サイズ感が変わるのは間違いないので、緩すぎなサイズを選ぶのは厳禁。

それにしても新品のレザーソールは滑ります。最初のうちはアスファルトの上ですら滑ります。気を付けよう!