ヤフオクで入手したバックローデッドホーンスピーカーはエイジングが進んで日に日に音が艶やかになっています。
フォステクスFE108EΣはやはり名機だと思う次第です。
連日このスピーカーでいろんな音楽を聴いていますが、得手不得手が顕著なスピーカーシステムだということが分かってきました。
どうやらこの形式のエンクロージャー特有の、特定周波数の共鳴が聴感上大きく影響をしているようです。
とりあえず身近にあったタオルをホーン出口に詰めたら著しい改善が感じられたので、吸音材を詰めてみることにしました。


aclear20170710 (1)
さっそくオーディオ用の吸音材を調べてみると、予想通り目の玉が飛び出るくらい高いものばかりです。
そこで頼りになるのがホームセンター。
何か代用になるものはないかと探しました。ニードルフェルトっぽいものの切り売りがありましたが、他にないかと探していたら建材コーナーにアクリアなるグラスウールっぽい吸湿断熱材を発見。
住宅の内壁に入れるもののようですが、チクチクしないグラスウールそのものといった感じでした。
ググってみたら案の定これを吸音材に使っている人が見つかりましたので、ゲットしてきました。
厚みはたっぷりモコモコのグラスウールで、使いきれないくらいのロールで約400円ですからこれはいいです。


aclear20170710 (3)
さっそく詰めてみました。 アクリアマットは両面にフィルムが張られているので、フィルムを剥ぎ取ってファイバーグラスだけ使います。 反響が少し気になるのでホーン出口から少し奥まで詰めました。


aclear20170710 (2)
こんな感じ。
耳につく共鳴音がほとんどなくなり、効果はあります。
エイジングが進んだFE108EΣとバックローデッドホーンは聴き惚れる芳醇なサウンドを奏でてくれます。
ずっしり沈んだ低音も出るようになり、しなやかな高域とバックロードホーン独特な中低域の鳴りがたまらなく感じます。
それとスピーカー台にしているボードはホームセンターで見つけた大理石ボードです。30cm□で厚みは10㎜ですが、表面は磨かれていて十分美しい状態です。重さもずっしり重くて十分に信頼できそうな感じです。
オーディオ用の大理石ボードは目の玉が飛び出すお値段のものばかりですが、このストーンボードは1枚384円というお手軽価格。
今後の計画を念頭に5枚買ってきましたが、それでも2000円未満ですからお勧めです。