Softone Model8-300Bは毎日いい音を奏でてくれてます。


m8300b20170716 (1)
300BシングルA級パワーアンプはオーディオファン垂涎の形式でしょう。
でもソフトンModel8-300Bは(たぶん)そういうマニアには受け入れられていないと思われます。
3段直結回路で音質重視の設計。なのに真空管は3本しかありません。
初段が12AU7(3極複合管)で、L/Rチャネルを1本でまかなってます。
パワー管は直熱3極管の王様300Bです。
2段目(電圧増幅段)の球がありません。ソフトンModel8-300Bの2段目はFETなんです。
トランジスタと真空管のハイブリッドアンプ。だから真空管アンプファンには嫌われるんだと思います。
整流回路はダイオードですから整流管も使われてません。
なので伝統的な真空管アンプの外観からしたらずいぶんとシンプルで物寂しいんです。
例えばこんな感じ
この辺がまずウケない要素だと思います。
他にも空中配線ではなくプリント基板が使われているのがマニアには避けられるポイントでしょうね。
でもソフトンはそんなこと百も承知で、前例にとらわれない合理的でユニークな回路設計を目指したのだと思います。


m8300b20170716 (4)
入力セレクターをもたないパワーアンプなので背面端子もシンプルです。
この手のパワーアンプとしては小型で、幅は300mmというコンパクトサイズ。
本格オーディオルームを持たないで、機器の置き場に困るリビングで楽しんでいる私のようなユーザーにはとても魅力的です。


m8300b20170716 (2)
300Bはチャイナ管のSHUGUANG(曙光)300Bです。ペアでだいたい15000円くらいから入手可能で、お手頃価格の安定した特性の300Bという評価みたいです。
高騰し過ぎて買えないし買っても恐ろしくて使えないWE300Bと差し替えてみたい気は今のところ起きてません。(笑)


m8300b20170716 (3)
初段管の12AU7も同じくSHUGUANG製。こっちは手軽な値段でいろんなメーカーの球が買えるので、そのうち差し替えて音の変化を楽しんでみたいと思います。


m8300b20170716 (5)
電源ケーブルはヤフオクで落札したものを使用してます。
あえて白いケーブルにしてみました。ここは気分だけでも音質向上!

まだまだ続く。