中華イヤホンのKZ ZS5。
最初に届いたKZ ZS5は中高域の定位はセンターにあるのに、音楽の重心が何だか左寄りに定位してました。ソースによっては聴いていられないほどキンキンに感じられるアルバムがあったりしておかしい。
イヤホンやスピーカーのテスト用に作ってある5Hz~50KHzまでの正弦波テスト信号(L+R、L、R)でテストしてみたら、右側イヤホンの低域の音圧がとても低い。特に50Hz以下になると全く出てない状態。
どうやら不良品に当たったようです。KZは不良率高いと評判?なので仕方ないですね。
セラーに連絡したらすぐに代替品を送ってくれました。やっぱりこの手の製品は日本(のamazon)で買うほうがトラブル時に安心。


kzzs520170901 (1)
付属の粘つくゴムゴムケーブルは全く使う気が起こらないので最初から別売りのアップグレードケーブルに交換、イヤピースはJVCスパイラルドットです。
各方面で言われているとおり見た目はCampfire Audioみたいですが、素材はプラスチックでアセンブリ精度はそんなに高くありませんので現物の質感は低いです。安いプラモデルみたいです。
というわけで、正常品の印象です。
低域は締まっていて必要十分な量が感じられます。安いイヤホンにありがちな低音ブリブリではないです。
中高域はフラットで意外にもすっきり。ただしドライバーがそんなに良いものではないと思うので、どうしても雑味というか歪み感のようなものを感じます。シルキーさがないのです。その分エッジーな音に聴こえたりするので、人によっては解像度高いと思われるのかもしれません。
これらは高価なイヤホンと比較試聴すれば聴き劣りするだけのことで、4500円で買える4ドライバーハイブリッドイヤホンというインパクトはやはり高いものがあります。
安くても4ドライバー、全体としての鳴りっぷりは余裕があります。例えばシングルBAのように素直だけど余力がない感じはしません。
総じて「良い音」の部類に十分入っていると思います。


kzzs520170901 (3)
中がどうなっているのか見てみたくて、殻割りしてみました。
シェルのプラスチックはパキッと割れるような硬質樹脂ではなく、じわっと潰れるタイプの軟質系です。
で、低域、中域ダイナミックドライバーが2つと高域、超高域バランスドアーマチュアドライバーが2つ、青いパテっぽい樹脂で固定されてます。高域BAはノズル内出口近くに入っているのでこの写真だと見えないですね。
BAドライバーに音導管は使われていなく、ただシェルの中に納まっているだけでした。
そして予想通りクロスオーバーネットワーク回路は使われていないようです。4つのドライバーが並列に結線されてるだけ。
これも聴いた時の音の濁りにつながっているのかもしれません。


kzzs520170901 (2)
取り出したドライバー。
左から順に低域用10mmダイナミックドライバー、中域用6.4mmダイナミックドライバー、高域用バランスドアーマチュアドライバー、超高域用バランスドアーマチュアドライバー(分解時にちょっと潰れた)です。
ドライバー数を詐称していた中華イヤホンも一時期話題になったりしてましたが、KZ ZS5は正真正銘ハイブリッド4ドライバーです。

リケーブル可能だし、ハイブリッドマルチドライバーでスペックだけでなく実際の音も優れています。
コストパフォーマンスに優れたイヤホンなのに、有名イヤホンをまねたデザインだけが残念。なんで正々堂々オリジナルデザインで勝負しないのかなぁ。こんなガチなパチもんデザイン、最近の中華製品では少なくなってきたのに。