家に防犯カメラ(監視カメラ)は必需品だと思ってます。


IMG_1817
もちろん新しい家にもカメラを設置しました。
屋外にカメラを取り付ける際に問題なのが電源と通信用ケーブルの確保です。
でもやっぱりWi-Fiは通信が安定しなくて、けっこう試行錯誤して使っていました。
新しい家では建築当初から屋外にカメラを付けることにしていましたので、予めそれ用のボックスと配線用のCD管を通しておきました。



IMG_1818
一般家庭用のカメラでも国内メーカー製を採用すると結構な金額が必要になります。
私はamazonで買えるシナ製ネットワークカメラをDIYで設置しました。
非常に安価なネットワークカメラですけど、想像以上にキレイに映ります。監視カメラとしてはバランスのいいフルHD映像で、以前使っていたものより良いです。
このカメラはPoE(Power over Ethernet)対応のため、LANケーブルをPoE対応のネットワークスイッチかPoEインジェクターにつなぐだけでOK。別途電源を確保する必要はありません。
実は保険の意味でボックス内まで100V電源を引いてあり、もしPoE給電がダメでも何とか対処できるようにしたのですが、その心配はなかったようです。

映像は自宅NASにインストールしたSurveillance StationにONVIFカメラとして登録して、1週間分記録しています。

運用を始めてかれこれ2週間経過しており、フリーズしたり不安定になったりということなく、安定稼働を続けてます。
有線LANですから通信も至極安定していて、きっちり記録できてます。
シナ製ネットワークカメラはとっても安いので、仮に1年で壊れても新しいものに交換すればいいと考えてます。
でも以前のカメラより全体的にしっかりしているし、そうそう故障するような感じはしません。