整流管は短寿命ということもあり、スペア確保を兼ねて球ころがし1弾として整流管を変えてみました。



IMG_3179
PSVANE 5U4Gです。
手ごろな価格で入手可能な中華球です。
新品なのにうっすら汚れてきたなかったため、アルコールで拭いたらガラスのロゴまで消えちゃった・・・



IMG_0390
左がキット付属のスベトラーナ5U3Cで、右が秋葉原で買ってきたプスバン5U4Gです。
ロシア球は構造が丈夫そうでフィラメントがスプリング吊りで4往復しているのに対し、中華球は簡易的な加工に上部マイカに通しただけの1往復フィラメント。
聴いてみるとPSVANE 5U4Gは音が軽いです。スベトラーナ5U3Cのほうが重心が低く、高域の伸びも美しい感じです。
比べなければどっちも大した不満は感じないと思います。
PSVANE 5U4Gのほうがサイズが大きくて、シャーシに挿したときSOVTEK 2A3とほぼ同じ背丈になります。
このため見栄えはよいです。