還暦が近くなっても気持ちが子供なので、特に必要なくても速度は速いほうがうれしいのです。
インターネット回線はずっとauひかり1ギガを引いていました。
1年前に家を建て直した時にどうせ新たに引き込むならと、最速のauひかり10ギガに変えました。



auftthvbon
なんかずっともやもやしてたんですよね。
1ギガ回線を使っていた時はノートパソコンに内蔵された1GbpsのNICのほぼ実効限界値の900Mbpsくらいのダウンロード速度が出ていたのに、10ギガ回線にしてからは200Mbpsも出ないことが。
これまで何度も測定してみてもずっとこんな感じです。10ギガどころか1ギガもぜんぜん生きてないじゃん。
DIYした宅内LAN配線がうまくいっていないせいかもとか、以前よりルータからPCまでLANケーブルの長さが数倍長くなったからかなとか、KDDIの工事の人が建て直す前とは違う電柱からファイバーを引っ張ってきたせいかもとか、近所にauひかりユーザが増えたのかなとか、ずっと気になっていました。



auftthvboff
ふと「もしかしてウイルスバスター?」と思いついて、いったんウィルスバスターを終了させて測定してみたらこの通り。ダウンロードで925Mbpsが出ました。ほぼほぼ1ギガ回線の理論速度に近いです。
ああ、やっぱりウィルスバスターのリアルタイムスキャンがボトルネックになってるんだ。
この他、Windows標準のファイヤウォールをON/OFFしてみて比較しましたがそっちは全く速度に影響しません。



auftthwdon
じゃあウイルスバスターの代わりにWindows Defenderならどうかと試してみました。
やや落ちるものの、900Mbps近い速度が安定して出ます。これなら気になりません。
当たり前のようにパソコンにインストールしているウイルスバスター。
最近はウイルスバスター不要説(Windows標準のセキュリティで全く遜色ない)も目にするようになり、次回のライセンス更新はやめちゃおうかなと考えていたところです。
この結果も重要な判断材料になるなぁ。