この数か月、原因不明のネットワーク不調に悩んでます。
当初はWi-Fi接続が不安定なのかと思っていたのですが(それも事実としてある)、有線で接続しているパソコンもやはりおかしい。
おかしいときは「インターネットに接続していません」状態なのですけど、LAN内の機器には普通にアクセスできます。
ということはKDDIのHGW、ONU、FTTH回線側の問題じゃないかと思うのですが、不具合の発生が不定期かつ数分間で、その後勝手に回復するので余計に始末が悪いのです。



IMG_0545
表面的にわかっている症状からスイッチを変えても改善しないはずですが、こういうのをAmazonで発見してしまったのでついポチっと。
シスコの8ポートネットワークスイッチ。SG110D-08というアンマネージのシンプルなハブです。
普通こういうのはバッファローあたりのを買えば間違いないですし、私も多くのスイッチはバッファローの製品を使ってます。(あとネットギア製を少々)
たかがギガ対応のスイッチングハブなのですが、シスコ製というだけでお値段2倍くらいするのに物欲が・・・・・



R0000098
先日PoE+対応のスイッチに交換して構成をすっきりさせたばかりなんですが、どうもそのスイッチにしてからインターネットにつながらなくなる頻度が増したような気がするのです。
もう一度バッファロー製のスイッチに戻してみても改善はしない感じですから、スイッチのせいではないはずなんですが、気休めでもシスコのスイッチ(右)と交換です。
そしてPoE機器用には一度撤去した5ポートのPoE+スイッチ(左)を再設置しました。
この手のアンマネージスイッチって、ケーブル繋いで電源を入れるとその瞬間からいっせいのせで動作するものなのですが、シスコSG110D-08は電源投入して数秒間は何かポートごとにスキャンしているような動作をします。
そして不思議なことにシスコSG110D-08に交換した直後から、あれだけ不安定だったネットワークが今のところは安定しているように感じます。
まだ安心はできませんが、しばらく様子をみたいと思います。

→ やっぱり改善はしていませんでした。スイッチのせいではなかったようです。さて・・・