4月からの在宅ワーク中はオンライン会議中を除いてずっと音楽を流してます。
その関係で先月購入したDALI OPTICON1のエージング時間がメーカー推奨の100時間を超えました。



R0000747
スピーカー本来の実力が発揮できているはずなので、あらためてOPTICON1とMENUETを比較試聴してみました。
単独で聴いているとどちらも確かなDALIサウンド。優しくナチュラルでしっとりした響きでいながら正確な音場再現性は本当に素晴らしいです。
同じ音源をセレクターで切り替えながら両スピーカーを比較してみると、MENUETは中域から高域にかけてののびやかな冴え感があります。
箱出し直後はちょっと腰高に感じたOPTICON1の低域再現性はすっかりなじんで、サイズを超越しているMENUETと同等のスケールで鳴るようになりました。聴き比べるとOPTICON1が少しウェットなサウンドに聞こえなくもありません。
眉間にしわを寄せて音を聴けば、MENUETの音はOPTICON1に比べてごく薄いベールが1枚はがれたようなクリアさがあります。
箱から出した直後はOPTICON1のほうが分析的でドライな音に思えたのに、今はむしろMENUETのほうがそれに近い印象を受けます。
ただ比較すればそう感じるというもので、どちらもこのクラスでスピーカーとしてトップクラスの実力と完成度です。DALIの音が好きならどっちを入手しても後悔はしないと思います。
ユニットとしてはOPTICON1のほうが新しいテクノロジーを採用しています。MENUETのこなれたユニットは今も十分に素晴らしいです。
仕上げやネットワークパーツがグレードアップした新製品のMENUET SEはとても高価ですが、併売されるMENUETは市場価格もけっこう下がってきています。OPTICON1の価格帯をターゲットにしているなら、少し頑張ってMENUETも選択肢に入れて、じっくり比較して本当に好みのほうを選ぶと幸せかもしれません。
私は自室のデスクトップスピーカーをOPTICON1にしてとても満足しています。