スピーカの前面に当たり前のように存在するもの。



R0000760
サランネットとか、グリルネットとか呼ばれるやつです。
これって普段はスピーカー保護のために装着しておくことが多いですが、音楽を聴くときはどうしてますかね。



R0000761
古よりサランネットは外したほうが良いといわれていましたし、やっぱり音が出るスピーカーユニット前面にネットがあると多少なりとも音が変わる(劣化する)のかなーくらいの認識でいました。
今さらですがネットを付けたり外したりして比較してみたところ、これは結構変わりますね。
見た目の通り、サランネットを取り付けると高域が減衰して透明感が減ります。



R0000763
DALI OPTICON1のサランネットは単純な四角枠ではなく、内側がスピーカーの外周形状に切り抜かれた枠に張られたものです。
とあるショップの解説によれば、スピーカーメーカーはサランネットを付けた状態で音のチューニングをしているから、ネットは取り付けたまま使うのが正しいと主張していました。ほんとかな?
メーカーの試聴室でもネットは外してあることが多いんだけど。
私は取り外した時の音質向上度合いが顕著だと感じましたので、やっぱり真面目に聴くときは取り外すことにします。