語らずにはいられない、フルサイズイメージセンサー。
CCDかCMOSかにはとりあえず触れず。

デジタルカメラの最重要パーツであるイメージセンサー。日本語だと撮像素子。半導体になる前のもっと古い時代の部品だと撮像管。
ようするにデジカメにおけるフィルムに相当する部品です。
デジカメにおいて「フルサイズ」というのは、横36mm×縦24㎜のサイズをもつイメージセンサーを示します。
で、何がフルサイズかというと・・・
まだカメラがフィルム時代だったころの135フィルム、昭和時代な普通の人が写真用のフィルムと言われてすぐに思い浮かべるあれ、筒状のパトローネに巻かれたフィルムのことです。フジカラーとかコダカラーとかいっていた、あのフィルムを使う普通のカメラの写真一コマのサイズが36㎜×24㎜です。
ライカ判とか、35㎜フィルムとか、135フィルムとかいいますけど、全部同じ。

カメラと言ったらデジタルカメラな今、こんな大きなサイズのイメージセンサーを使うのは一部の高級機かマニア向けの趣味カメラしかありません。


cisサイズ
一般的なイメージセンサーの大きさです。
画素数とは違います。単に物理的な大きさです。大きいと何がいいのかは語ると長くなるので割愛するとして、まあ小さいより大きいほうがいいのは漠然と分かるのではないかと思います。
ちなみにコンパクトデジカメに普通に使われるのは1/2.3インチのCMOSイメージセンサーです。少し高めの機種になると、1/1.7インチとかこの表にはないですが2/3インチとかのイメージセンサーを採用してます。
スマホやケータイカメラ用のイメージセンサーなんかもう豆粒のような大きさなので、撮れる写真はお察しの通りのクオリティになるわけです。

フォーサーズはオリンパスが提唱してパナソニックとかが賛同したデジタル時代の新しいサイズフォーマットです。宮崎あおいさんのCMでお馴染みのオリンパスPENデジタルとかがこのイメージセンサーを採用しています。
個人的には中途半端な感じがするので興味ありません。

APS-Cというのは、一般的なデジタル一眼レフに使われるサイズ。
APSってすっかり忘れ去られていると思いますが、フィルム時代にカメラの小型化と撮影情報等の融合を図って規格化された新しい小型フィルムのことです。使い捨てカメラの最後はほとんどこのAPSカメラでした。


フルサイズとAPS-C
APS-Cに飽き足らなくなると、フルサイズイメージセンサーのカメラが欲しくなるわけです。
大きさはこんなに違います。
フィルムのサイズにやっとデジカメが追いついただけと言われればその通りかもしれませんけど、こっち方面の技術者目線から見たらすごいことです。
ニコンやキヤノンのプロ向け超高価な一眼レフだけがこのイメージャーを採用していましたが、2012年後半になるとミドルクラスのデジタル一眼レフにもフルサイズCMOSイメージセンサーを採用した魅力的な機種が登場してきました。

で、2012年11月、ソニーDSC-RX1登場。
デジタル一眼レフではなくレンズ交換もできないコンパクトデジカメ。そんなボディにフルサイズCMOSイメージセンサーを押し込んできて、業界とカメラファンに衝撃が走りました。

そして、2013年7月、DSC-RX1Rが追加され、とうとう我慢できずに手に入れた次第。




まだ続く