ソニーDSC-RX1RとDSC-RX100。


4b1715dd.jpg

大きさ的には結構違います。そしてずっしりとした心地いい重さがあります。
コンパクトカメラといっても、レンズが沈胴しないDSC-RX1Rはけっこう嵩張ります。当然ながらポケットには入りません。
アルマイト(?)処理のDSC-RX100に対し、DSC-RX1Rはたっぷりした厚みを感じる黒塗りのような味わい深い仕上げです。
各種ボタン、シャッターボタンの押し味はしっとりした感触で、カッチリしたモードダイヤル、コチコチ動くレンズの絞りリングも素晴らしい感触です。
ピントリングに至っては、まるで往年のライカレンズのヘリコイドを彷彿とさせる感動的な操作感です。カサカサした味気ない一眼レフ用AFレンズとは雲泥の差があります。ハイテクデジカメでもやればできるんですね、こういう感性に訴えるものが。
DSC-RX100も質感高いデジカメですが、愛でる対象とは言えません。DSC-RX1Rは、立派に「旦那のお道具」の域に達しています。
夜な夜な弄っても愉しいDSC-RX1Rです。