SV-2A3の音を堪能していて、ふと右スピーカーからノイズが出ていることに気付きました。
残留ハムではなく、ジリジリ・ビチビチという耳に障る音です。



IMG_0459
当初はアンプを疑って、真空管を挿し換えたり配線を触ったりしましたが変化がありません。おそらく自作ラインセレクターだろうと思っていったん外したらノイズは消えました。
作成直後にも本体に触れるとジーというノイズが生じるのでアース改造をしてノイズは解消したのですが、どういうわけか突然またノイズが聞こえるように。
プリ管をFull music 6SN7に交換して初めて音出したときにこのノイズに気付いたので、真空管のせいかとも思ってドキドキしました。
測定したわけではないので定かではないけど、Full music 6SN7に交換すると明らかに音量が上がります。6SN7の中ではゲイン高めなのかもしれません。その影響でノイズが目立つようになったのかな?
入力インピーダンスが高い真空管アンプのライン入力にはノイズを拾いやすいパッシブなアッテネーターやセレクターは入れないほうがいいのは間違いないと思います。
とりあえずセレクターは撤去しましたけど、デスクトップの2台のアンプを切り替えることができなくなりました。
同時に自作アンプセレクターも撤去したので、NT-505→SV-2A3→DALI OPTICON1という接続が余計なセレクターを介さず直結になって、もともとセレクターの類が嫌いな私の気持ちはすっきりです。
そして心なしかSV-2A3の音がさらに向上したかのような気がしてしまいます。
アンプの切り替えは、真空管アンプを使うのが苦痛になる季節までに対策を練りましょう。