FUJIFILM X100Vを安全に運用するためにボディケースを取り付けました。



IMG_1113
kinokoo X100Vボディケース。
人気機種だけあって多くのカメラアクセサリーメーカがX100V用のボディケースを作っています。
いい革を使って丁寧なつくりでおしゃれさも追及して・・・
そういうのを選ばず、amazonで格安なkinokooという中華なやつをあえて選択しました(金欠なの)。
2000円とちょっとというお値段なのでダメだったらボツでいいやくらいな期待感で買ってみました。
本心を言えばLIM'Sのレザーケースが欲しかったんです。このケースは底部がアルカスイス互換の金属プレートになっていて、三脚に載せる際に便利そうなんです。(三脚はほぼ使わないけど)
このケースの黒だけ在庫切れの入荷未定が続いていてすぐ入手できそうもないのであきらめました。
在庫が復活したら買う予感がします・・・



IMG_1117
kinokooってどう読むんでしょう。キノコーですか? キノクーですか? どうでもいいですが。
これ、本革製ではありません。PUレザーです。合成皮革ですよ、ポリウレタンです。
それは承知の上で買ってますので無問題です。
でも思ったより安っぽさはなくて、見ようによってはちょっと使い込んで艶が出たスムースレザーに見えなくもありません。



IMG_1116
ステッチが豪快に蛇行してます。安定の中華クオリティです。
日本の職人が正確に美しく仕上げた高級皮革製品と比較しては絶対にいけません。(誰もしない)
コバは切りっぱなしではなくコバ塗りっぽい処理がされていて好印象です。
底部にはしっかりした厚みのアルミプレートが入っていたのは予想外でした。この値段じゃ厚紙がいいところかと思ってましたので。
ケース底部にスピーカー部の穴がありません。カメラから音を出したい人は要注意です。
なんにしてもこのハーフケースは実用性十分です。
ストラップもそうですが、安っぽいボディケースをあえて組み合わせる清貧さの演出がマイブームです。