音響システムというほど立派なものではないですけど、我が家のリビングはこうなってます。



living AV
リビングは家族共有の生活の場ですから勝手なことはできません。
暮らしの邪魔にならないようにするためにサラウンドスピーカーは天井に埋め込む以外に選択肢はないです。
サラウンドの天井スピーカーはJBL Control 24C Microを4基使ってます。
自宅を新築した際にハウスメーカーと相談して天井にスピーカーを埋め込んでもらいましたが、位置はすべて施主指示です。
それまでサラウンドだのドルビーATMOSだの全く興味がなかったので、何をどうすればいいのかさっぱり・・・
DOLBYが公開しているドキュメントを読んで一夜漬けで勉強し、こんな感じかなと間取り図に書き込んで施工してもらいました。
フロントハイスピーカーの配置は完全に失敗しました。もっと前方の壁寄りに配置すべきでした。
フロントスピーカーは左右がDALI MENUET、センターがDALI SPEKTOR VOKAL、サブウーファーがDALI SUB-9Fです。
AVアンプはDENON AVR-X2500H、TVはREGZAの55インチ4K液晶のエントリーモデル。
これでDOLBY ATMOSを5.2.1CH(3.4.1CHか?)で楽しめるようにしてます。
普段のTV放送もAVアンプからヴァーチャルサラウンド再生しますからなかなかの迫力です。
休日などはamazon musicをBGM的に流している時間も長いです。
ハイグレードシステムではありませんが映像も音楽もリビングで十分に楽しめます。