X100Vは嗜好性の高い写真機です。どうしても欲しい人が買うカメラです。
私はそんなに欲しかったわけではないのに、何かの迷いで買ってしまいました。



IMG_1284
初代X100から先代X100Fまでどうしても我慢できなかったところがトップカバー左肩が斜めにカットされていたことです。
それがX100Vで無くなり、スパッと直角になりました。デザイン上は些細な違いかもしれませんけど、私はどうしても斜めに削られなよなよとした形状が受け入れられなかったのです。
斜めカットがなくなり外観のまとまりが大幅に向上したのがX100Vを買う気になった理由の一つです。



IMG_1285
トップカバーの背面が上方に向かって斜面になっているのはボタン操作をしやすくするための設計だと思います。でもこの猫背スタイルは超嫌い。ここもすっぱり姿勢よく垂直にしてください。



IMG_1287
軍艦部はダイヤルの配置含めていい感じです。許せます。段差が直角だったらなお良し。
露出補正もシャッタースピードもISO感度もアナログのダイヤル操作ですから電源を切っていてもわかりますし、操作もわかりやすいのです。



IMG_1289
絞りだってレンズ基部のリングをカチカチ回して設定します。昭和なカメラじじいにはやっぱりこれですな。
トップカバーのダイヤルとあわせてカメラの主要操作がすべてダイヤルなのは迷いがなくて最高です。



IMG_1288
X100Vになってファインダー接眼窓が丸形になりました。
今も昔も高級機は丸窓なんだよって脳みそにすり込まれてます。ステキ。
(ニコン爺かっ!)



IMG_1286
ファインダー対物窓はEVF時はシャッターで閉じられます。
OVF時の見え味はM型ライカ並み、とまでは言いませんが、十分に納得の見え味です。光を直接覗く光学ファインダーはEVFのような平板な画像と違って気分的にも違います。
とはいっても実際の撮影はほとんどEVFなんですけどね。

外出機会がなくて買ってからほぼ机上待機のX100Vです。