トライオード TRX-P300S WE300Bの体力測定/健康診断シリーズその3。
出力波形を確認してみました。



DSCF0747
8Ωのダミー負荷をつないで2.83Vrms、つまり1W出力時の波形です。
アナログアンプのきれいな正弦波です。



DSCF0749
見た目で山が潰れる直前の波形です。
6.68Vrmsつまり約5.6Wです。
このくらいまでなら12AT7の直線性の悪さはあまり影響していないように思えますがどうなんでしょうか。



8Ω8W_R
公称最大出力8W相当時はこのくらい山が潰れます。
この波形で歪率は何%くらいに相当するんでしょうね。当方には歪率を計る術がないです。
おおむね仕様通りの出力が得られているとは思います。
300Bをちゃんとフルスイングできてるのか気になっちゃいます。あー、シャーシを開けてオシロで各段の信号波形を観測したいぞ。(ムズムズ)