あぁどうにも止まらない〜。



DSCF0913
KEF LS50 Metaを導入。
ELAC CARINA BS243.4で最新小型バスレフスピーカーの良さを再確認して、やっぱり自分はレトロスピーカーより新しい音のスピーカーが好きなんだとはっきりわかりました。
LS50 MetaはBS243.4を買うときにも検討したけど、サイズ(特に奥行き)がネックで見送った経緯があります。
しかしどうしても気になります。同軸2ウェイスピーカーを自室のニアフィールドで鳴らしたらどうなんだろうと考え出したら無意識のうちにポチッていました。



DSCF0927
奥行き280mmはターミナルを含んだサイズです。そしてフロントバッフルが円弧状に膨らんだ形状なので多少は圧迫感が減ります。狭いデスクに設置してギリギリな感じ。
それでも後ろの壁に近づけて置かざるを得ません。背面バスレフのスピーカーには不利な環境です。



DSCF0952
幅が168cmで奥行きが60cmしかない造り付けのカウンターデスクに置くスピーカーとしてLS50 Metaはややオーバーサイズです。
これ以上奥の壁から離して置くことができません。
一般的に背面バスレフ方式のスピーカーを壁に近づけて設置した場合、低域がブーミーになって何らかの対処が必要になります。LS50 Metaの説明書によれば、後ろの壁からの距離が20cm未満になるときは付属のスポンジでバスレフポートを全閉するように記載がありました。
私の環境ではこの配置でもブーミーさはほとんど気にならず、低域のある周波数で共鳴するようなひどい音にはなりませんでした。
バスレフポートは全開のまま使っていて、ほどよく豊かな低域の量感があり、音がかぶったり濁ったりといったネガな感じはしません。
LS50 Metaの導入に際し最も心配した点でしたが、実際のデスク上に設置してから悩まずに済んでよかったです。
はっきりしたことはわかりませんけど、LS50 Metaに採用された数値流体力学を用いて設計したフレキシブル・ポートの恩恵なのかもしれないなと想像してます。
箱出し直後の音の感じからLS50 Metaは鳴らし込みによる変化が大きそうです。音のインプレはもう少しエージングが進んでから書き残したいと思います。