誰もが知ってるロレックス。
普通の人の感覚ですと「最高級腕時計」かもしれませんね。実際は違うけど。



DSCF1238
私も1本所有しています。
なんてことのない普通のモデル、ロレックス オイスター パーペチュアル デイトジャスト41(REF.126300)です。
腕時計は好きですしこだわりはあります。しかし正直いって昔ほどは腕時計に執着しているわけではありませんので、いろんな情報を日々漁ることもないです。
ロレックスの特殊モデル(いわゆるスポーツロレックス=スポロレ)は以前からプレミア価格で取り引きされていて、正規店ではほとんど入手できず、並行店で正規価格より高く販売されているという状態でした。
しかし私の所有モデルのような普通のロレックス(おやじロレックス)は正規店でも買えましたし、値上がり傾向とはいっても並行店なら正規価格以下で買えるものでした。
ふと何気なく現在の相場を確認してみたらとんでもないことになってることを知りました。
スポロレは正規価格の2倍から3倍というちょっと理解できない価格です。こんなに高騰したら誰も買わない気がしますが、入荷したそばから売れていくらしいです。
一方で高騰し過ぎたスポーツロレックスを正規店で買うために、ロレックスマラソンなる新語まで生まれているようです。
中でもデイトナのような超プレミアモデルを狙って正規店詣でを連日連夜何年も続け、数年越しでやっと入手するみたいな。すごい執念ですね。私には無理だ。
そして私のデイトジャストのような普通のモデルもおかしなことに。
私のデイトジャスト41は現在の正規価格は850300円。並行店の相場は1100000円~1200000円になってます。これはいったいどういうこと???
最近は興味が薄れて未確認なのですが、もしかして正規店には普通のモデルも並んでないってことなのでしょうか? 
ロレックスは近年定価改正が続いていて、私が買った2017年当時、デイトジャスト41のSSモデルの正規価格は756000円でした。
私は正規店(ロレックスショップ銀座三越)で買いましたけど、その時はデイトジャストは豊富に在庫してました。
当時の並行店の価格は確か700000円前後だったと記憶しています。正規価格以下とはいえ、並行品のお買い得感はほとんどなくなっていたのです。
ロレックスはいい時計なんですけど、こうして投資対象みたいな存在になってしまって、私はちょっとうんざりした気分になります。