やっぱり想像した通り。



nt-505-x
TEAC NT505-XとUD-505-Xが登場しました。
工場の火災で製造できなくなった旭化成マイクロのAK4497に変わって、DACチップがESSテクノロジーのES9038Q2Mになりました。
DAC変更だけだと魅力薄なことから(?)、アナログ回路もマイナーチェンジされ、TEAC-HCLD回路がTEAC-HCLD2回路という名前に変更になってます。
TEAC-HCLD2は何が変わったのかなと思ったら、ラインバッファーの電流駆動能力を強化したっていう内容で、基本的なアーキテクチャには変更がないみたいです。
外観的にはNT-505-Xは3点支持のフローティングフットになったのがちょっとうらやましいです。
あとは何も変わってません。
据え置き機なのにDACはES9038PROではなくES9038Q2Mってところが微妙な感じがしてしまいます。
今後旭化成マイクロのDACを搭載した機器が出てくる可能性は低そうですし、AK4497搭載のNT-505とUD-505は貴重なオーディオ機器になったなー。