へぇへぇへぇ。
突然ですが、「白樺」に興味がわきました。



shirakaba
白樺林って明るく開放的な自然っていうイメージがあります。
そんな白樺林って、寿命が50年から70年くらいなんですって。
もともと山火事や土砂崩れなどで裸地になったところに真っ先に育つ陽樹で、白樺林が出来上がってしまうと日陰になったところに種子が落ちても自生できずに、他の樹種と入れ替わっていくんだそうです。
日本中に白樺林で有名な観光地があると思いますが、そういうところは人の手で維持していかないと消滅してしまうそうです。
自然のサイクルを人がコントロールすることがいいことなのか悪いことなのか微妙ではあります。
けどそういう活動は観光資源にしている地方には重要なことなんでしょうね。