たまにカミさんとハイキングや軽登山に行きます。
本格登山はしませんし、泊まりで山登りもしません。
したがってリュック(バックパック、ザック)は手軽な日帰りハイキング向きの20L前後のものを使っています。

f5cfd4d3.jpg

いま使っているのは、ドイツのdeuter(ドイター)のMadchen(メトーヘン)20というもの。
非常に軽量で、トレッキングポールも固定できて使いやすいザックです、

746d4a7b.jpg

暑い時期の山登りでは、「あり得なくらいの汗」と度々書いてますが、このザックはドイターエアストライプ システムという構造をもっていて、こんな感じで背中の通気性を確保してます。
これでも汗だくだくになりますが、背中密着型のリュックに比べれば128倍?(当社比)快適です。

Madchen_3.jpg
・・・なのですが、ある日ふとしたことから、商品名の「Madchen」の意味を調べてみると。。。

ドイツ語で、少女
えぇ~っ、少女・・・
齢50に手が届きそうなオヤジが、「少女」を背負っちゃいけないだろっ!
イタ過ぎだろっ!
ドイツ語なんてほとんど読めないからいいという意見もおありでしょうが、許せません!
だって英語だったら「Girl」って書いてあるんですよ。
フランス語だと「Fille」
イタリア語だと「Ragazza」
スペイン語だと「Muchacha」
ポルトガル語だと「Menina」
ロシア語だと「девушка」
以下省略・・・

ドイツ人が見たら変態だと思われるかもしれません。恥ずかし過ぎです。もう背負えないです・・・




f82bb819.jpg

で、買い換えたのがこれ。ドイターのFUTURA 22。
メトーヘンより本格的なザックです。
本日届きました。

15110de0.jpg

背中はドイターエアコンフォート フューチュラシステムという構造になってます。

08f8014e.jpg

背中部分にメッシュが貼られていて、ザック本体が背中に密着しない構造です。
通気性は抜群! 背中密着型ザックに比べて1024倍?(当社比)快適だと思います!?
まだ未使用だし、すっかり涼しくなってしまったので、効果のほどはまだ実感されていませんが・・・