手元不如意につき。



312f6c55.jpg

コレクションとして残してあった独逸のLなカメラとレンズをオークションに出してみました。(ちなみに買ってから一度も実用せず触って満足するだけの存在だった・・・)
銀塩カメラ(フィルムカメラね)の需要はもはや風前のともしび、もうフィルムそのものを生産しているのも日本のフジフィルムだけになってしまいました。
落札価格は期待できないだろうけど、もう使わないし、以前のように夜な夜な取り出してきては操作してニヤニヤすることもしなくなりましたから、いくらで落札されてもいいやと思って出品しました。


で、結果は・・・




期待以上というか、想定外というか、予想外というか。

左のレンズが350千円、右のカメラボディが250千円。合計で約600千円となりました。
先週までに売買も無事終了で一安心。

これで家計の急場はしのげそうです。
といっても来月にはまたすぐに危機が迫ってます。長女の学費が重いぃぃぃ~~~



おしまい