今年のゴールデンウィークは10連休です。
なのに先週からひいた風邪をこじらせて激しい咳と鼻水で体調がすこぶる悪いです。

さてさて.....
6094b453.jpg

昨年買ったコンパクトデジカメのソニーDSC-RX100はとても気に入ってます。そろそろモデルチェンジの時期が近づいているようないないような微妙な時期ですが、今更ながらケースを新たに買ってみました。
カメラを買ったらケース探しに奔走するのが通例で、このカメラにもなんだかんだと4つもケースを買いました。どれもしっくりこなくて妥協しつつ使っていたのですが、ぴったりフィットのケースがあるという情報を発見して早速入手。
ハクバのピクスギアIP2カメラケース(M)というのがそれで、ヨドバシなんかで売られている汎用のカメラケースです。
なのにこの通りまるでRX100用に設計されたとしか思えないくらいジャストフィットします。


c9fa8f3c.jpg

フラップもこのとおりぴたりと閉じます。なんか気持ちいいです。
ファスナー式のケースはカメラを出し入れするのが面倒くさいし、ファスナーと擦れてカメラに傷がつくことがあるから好きではありません。できるだけ小さく持ち歩きたいので、大は小を兼ねるケースは却下。
となるとなかなかないんです。
先日の日記のバンナイズにもRX100専用ケースがあるのですが、まあ少しお値段が高いことと、寸法を見る限りなんとなく余裕を持ったサイズになっているような気がして(要するにケースが大きめ?)購入には至りませんでした。
でもこっちはハクバですから(笑)お値段は安いです。それとセミハードケースなのでカメラの保護にもなるというメリットもあり、登山でも使いやすそうだなーと思われます。

で、DSC-RX100なんですが、大型イメージセンサーを採用した高画質コンパクトデジカメが各社から出揃ってきた今でも魅力は衰えていないと思います。

私はコンパクトデジカメにいくつか求めることがあって、
・常用域をカバーするズームレンズ
・開放F値が明るいレンズ
・レンズバリア内蔵(レンズキャップは超不便)
・光学手ぶれ補正(レンズシフトorセンサーシフト)
とこの4点だけは絶対に譲れないところです。

RX100の1インチセンサーというのが中途半端といわれれば否定はできないものの、出力される画像は今でも感動の解像感がありますし、高感度撮影時のノイズ特性も良好なので、コンパクトデジタルカメラとしてはいいところを突いてきているサイズかもしれません。
モデルチェンジしてほしくないけど新型が出たら買い換えるだろうな、やっぱり。