日常生活で使わないツールの筆頭格?
それなのに何故か欲しくなりますよね、双眼鏡。

7ee2a42f.jpg

キヤノン 8×25 ISをゲット。
8倍25mmということで、一昨年前に入手したコーワBD25-8GRと同クラスです。
小口径ですので星見にはそれほど有利ではありませんが、山の上から景色を眺めたり、ハイキングついでにバードウォッチングしたり、ベランダから意味もなく覗いたり(苦笑)するには小型軽量の双眼鏡がいいです。
何といってもImage Stabilizer、防振双眼鏡の威力は絶大です。観察対象がぴたっと安定して見やすいこと。
8倍程度の双眼鏡に防振はあってもなくても大差なしといわれる方もいますが、遠景の山頂なんかを眺める時には、手ブレが排除されるとこれほどまで細部が観察できるようになるんだなと改めて実感します。
電線に止まっている鳥なんか、羽の質感までも鮮明に見えるようになりますね。
防振機能のためボディがぼってりしていてお世辞にもスタイリッシュではありません。
電池も必要で、この機種はCR123Aを使います。その電池が高いのもちょっと不満ですが、公称6時間使えますし、まあそんなに目くじら立てるほどでもないか。
ボディは思いっきりのプラスティックで、旧来の光学機器である双眼鏡のように趣味性の高いモノとしてのある種の満足感は希薄です。
防振だけでなく、意外といっては何ですが光学系も相当いい感じです。視野の隅まできちんと像が整っていて、お値段以上の実力を備えていると思いました。
防水でないのが唯一の不満点。
この手の製品は寿命が長くて、この機種は2002年の発売ということなので、もう12年も現行商品です。
そして安心と信頼のMADE IN JAPAN。いいねぇ。

しかし、この双眼鏡を見ると、



d7139856.jpg

これを思い出してしまう。
歳がバレる~